格安結婚式場なら「大人のプチウェディング」最近は、アベノミクスとかでちょっとは景気が良くなったとか言われますが、いろいろな事情から、まだまだ派手な結婚式ではなくこぢんまりした「ジミ婚」が主流のようです。

バブル経済の全盛期期は、広い結婚式場に、大勢の知人や同僚、友人などを招待し、ゴンドラを使って新郎新婦が舞い降りてくるなどの、派手な演出が好まれました。

いま考えると、ちょっとやり過ぎの演出という感も否めませんが、ブームというのはすごいもので、どんどん演出がハデになってきました。

そう考えると、適度の広さの結婚式場で、シンプルでも心のこもった、質の良い挙式を希望する人が多くなってきても不思議ではありません。

おめでたい結婚式、しかし、招待する側にすると重なれば金銭的負担は大きくなり、心底から祝福したいと思っている友人や親族・家族は別として、招待される側としては決して、ありがたいものではありません。

そういう意味でも、少人数でも、心底から祝福してくれるメンバーが集まった「プチウェディング」の方が、意味深く、しかも、祝福に満ちた時間が流れることまちがいありませんね。

「プチウェディング」でも費用は格安で抑えたいものです。
【チャペルや会場を選ぶhttp://www.petit-w.jp/】サイトをみると、神楽坂、神田、六本木、丸の内、北千住、代官山、銀座などで、平日10万円を切る価格で格安結婚式場を選ぶことができます。

フリーズドライの食品を食べたことがある人は多いでしょう。
よく目にするのは、インスタントラーメンのチャーシューやネギなどのかやく、お湯をかけるだけで簡単に調理できるブロックタイプの味噌汁や玉子スープなどもフリーズドライ食品です。

フリーズドライのすごい所は、その製法のおかげで栄養をほとんど失わない点です。栄養が失われやすい過程に煮沸によるタンパク質やビタミンの崩壊があります。でもフリーズドライはマイナス30度まで冷やし固め、その状態で水分を昇華させ乾燥させます。高熱を加えて乾燥させるわけではないので、大事な栄養素がそのまま残ります。
また、本来食物を長期保存するためには添加物などが必要になりますが、フリーズドライなら添加物を一切使わずに長期保存ができます。

栄養価が高く、味や食感もあまり変わらず、添加物を一切使っていないのに長期保存が可能。
まさに最強の非常食とも言えるフリーズドライは、軍隊の携帯食として用いられたり、さらには宇宙食としても利用されています。
また、離乳食やドッグフードなどにも使われており、様々な分野で今後も活躍が期待できるフリーズドライ。
これからますます私たちの生活に登場してくるかもしれませんね。